鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

多摩川鯉釣り大会2016

:2016/12/01 

スポンサーリンク

結果報告

今年11月26日~27日の日程で開催された第9回多摩川鯉釣り大会の結果報告が届きましたので掲載します。

2016年11月26日から翌27日の日程で、第9回となる多摩川鯉釣り大会を開催しました。
栃木や群馬、山梨、静岡、埼玉などからも参加があり、総勢51人が熱戦を繰り広げました。

大会開催日の直前、関東地方では降雪があり、気温も低下。鯉の活性が心配されましたが、開始後しばらくして釣果連絡が続き、冬に強い多摩川の好調ぶりが印象的でした。

26日の夕方には90㎝の連絡があり、この時点での暫定一位でしたが、夜には92㎝の連絡が入り逆転となりました。

大会終了までに92㎝を超えるサイズを上げるため、参加者はラストスパートをかけましたが、27日朝に91㎝が上がったものの逆転には至りませんでした。

入賞者は以下の通りです。

順位 氏名 サイズ 場所
優勝 寺西俊浩 92㎝ 第二京浜上流 東京側
準優勝 中島寿郎 91㎝ ガス橋下流 東京側
三位 鳥養考由 90㎝ ガス橋下流 東京側
同着 井上三雄 88㎝ ガス橋上流 川崎側
広中勉 88㎝ ヤマハボート前 川崎側

多摩川の汽水域は、一般的に鯉釣りのオフシーズンとなる冬の時期でも鯉の活性は高く、大型が竿を絞ってくれます。
またこの時期に開催している鯉釣り大会は、全国的に見ても珍しいはずです。
2017年も同時期の開催を予定しております。

寒くても鯉釣りがしたいとお考えの鯉釣りファンの皆様の参加をお持ちしております。

大会を終えて

それにしても大会初日の朝は寒かったです。
関東地方は、大会直前に降った雪のせいもあり、猛烈に寒かった…。
もう凍えそうでした。
そんな状況でもこんな釣果を出せるのはすごいのひと言です。

来年もこの大会は実施されます。
大会告知は2017年9月頃に当WEBサイトにて発表させていただきますので、楽しみにお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*