鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

ゴールデンウィーク後半の釣行

:2012/05/05 

スポンサーリンク

すごく久しぶりの釣行記になってしまいました。

1月以来、週末になると天気が悪かったり、仕事になったりで、釣りに行くこと自体、本当に久しぶりです。
釣りの仕方、忘れてしまったかもです。。。

GWこそ頑張るぞって思っていたら、前半は仕事になってしまい、後半の5日にやっと釣りに行ってきました。
ですが、疲れから風邪をひいてしまい、鼻はジュルジュル…おまけにそのせいで耳が炎症を起こし、右耳は殆ど聞こえていない状態です。。。
ちょっとキツイなぁって思いながらの釣行でした。

ブログでも少し書いていたのですが、
今日のポイントは「カーブの対岸にある唯一の浅場」で「ストラクチャー絡み」で「西向き」の場所です。
ずっと以前から、春にここでやってみたいって思っていた場所でした。

関東地方は前々日、前日と猛烈な雨に襲われ、どうなるかと思っていましたが、この場所なら一日経てばそれほど影響はないはずと、予測していたのですが…。

ポイントに到着すると…
ゴミはそれほどでもないのですが…水がかなり濁っています。。。
水位もタイドグラフより40センチから50センチほど増水している様子。。。
候補の場所を含め、ポイント周辺をあちこち一時間ぐらいかけて見て回りましたが、サカナっけは全く無し…。
こりゃイカンかもと思いながらも、陽射しが当たっている前述の場所に陣取りました。

この場所のことをもう少し詳しく書くと…
岸辺から1メートル程の所に、乱杭が川と平行して15メートルほどで並んでいます。
その一番下手の杭から10メートル程下流側がほんの少し凹んでいて、流れによっては反転流ができる場所です。

つまり、杭のすぐ際と、反転流ができるポイントの両方を攻められる場所ってことです。
当日、一本は杭のすぐ側に投入し、もう一本は反転流のできている場所に投入しました。

使った自作ボイリーはストロベリー&ベルガモットの16mmです。甘酸っぱい香りが最高です。
フィーディングにはストロベリーフレーバーで香りを付けたコーンとペレットを使いました。

投入したのが14時ごろ…
17時頃まで待ちましたが、一度もアタリなし…。
こりゃイカンかぁ…って思いつつ、対岸のカーブの内側に移動しようと川に背を向けて道具を片付け始めた途端、
ドラグ音が!

やったぁ!! ヒットだぁ!! って思って竿を持つと、何だか小さそうです…。
60台ぐらいか…と思っていたらすっぽ抜けてしまいました。。。

ガックリです。。。

でもタイミング的に潮が少しづつ下げ始めて、魚が入ってきた様でしたが…
最初にヒットしたのが小さそうですし、そろそろ陽も落ちてしまいます。
この場所の優位点が少なくなるし、対岸の浅場の方が釣れる確立は高いかもって思って、対岸に移動しました。

対岸に入っても2時間ほどアタリなし…。
しかもやっぱりサカナっけはありません。。。

辛いなぁって思いながらベイトを替えようと竿を手にして、ドラグを締め、リールを巻いていくと…
何やらすごく深い泥底にオモリが埋まったような感触です。ヌルって感じです…。
?????と思いながらもリールを巻こうとした瞬間、いきなり竿先が引き込まれました。
ヒットです!
ですが、まさかヒットしているなんて思ってもいなかったので、ドラグは結構強めに締めてあります。。。
ヤバイ! ラインブレイクするって思いましたが、竿を寝かした段階でラインが少し出て行き、ラインブレイクは免れました。

焦りながらドラグを緩め、改めてファイト開始です。。。
が…すごい走りようです。。。
  
しかも、走り止ったところから寄せようとしても寄ってきません。

しめしめ…これはいいサイズかもって思いながら慎重にやりとり。
なかなか浮いてこないところを見ると、もしかしてやったかもって内心ホクホクしながらやりとりを続けました。

ですが…やっと浮いてきた姿を見てガッカリ。。。
小さいです…。

ランディングしてメジャーを当てると75センチほど…。
一気に疲れが出てしまいました。。。
どうやらすごいファイトだったのは、この鯉クンを怒らせたというか…本気にさせてしまったからかもしれません。。。

まだまだ水位は高かったので、粘れば良かったのかもしれませんが、一気に疲れてしまって撤収してきました。。。
ガッカリ…。

今回の釣行記には写真はありません。
ファイトが凄かったわりに、サイズが小さかったので落胆してしまい、写真も撮らずにリリースしました。。。
まあ、リハビリにはちょうど良かったのかもしれませんが…。

ですが、最初に入った乱杭のポイントは日を改めて攻めてみるつもりです。。。

次回また頑張ります。。。
はぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*