鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

朝マズメは厳しい。

:2012/08/03 

スポンサーリンク

今日は平日でしたが、仕事がひと段落したこともあって、相模川の淡水域に行ってきました。
  
この暑さですので、あまりの長時間はこちらの身体が持ちません(笑)。
そこで、家を早めに出て、6時半頃にはポイントに到着してました。

川面を見てみると、水量が若干落ちていて、以前より流芯がポイントから遠くなっています。

この暑さですから、一本の竿はテトラ周りに入れ、もう一本の竿は珍しくやや奥に(といってもせいぜい30メートル程)入れようとカタパルトでフィーディングしました。

今日の自作ボイリーはストロベリーの16mmと20mmです。
冷凍庫に一番多く残っていたものから使っていこうという考えです(笑)。
これだけ暑い日が続くと、朝マズメか夕マズメしか期待できないだろうし、これでいいかなって…
ちょっと安易な選択です(笑)。

テトラ周りにはストロベリー16mmにイミテーションPOP-UPをセットしスノーマンに。
奥のポイントにはストロベリー20mmに蛍光緑のシモリウキをセットし、これもスノーマンにしました。

投入して30分程過ぎるとテトラ際に入れた竿にヒットです。
ですが、あまりラインを引き出しません。
竿を手にしても、あまり走らないし、手応えもちょっと軽めって感じです。

ですが、近くに寄せてくるとランディングネットを嫌って、何度も反転し、抵抗します。
見ていると、まあまあのサイズのようです。

上がったのはこれでした。

  

太っただけの体型ではなく、尾ひれの付け根は太く、尾ひれ自体も大きいので、本来であればもっとファイトしてくれても良さそうなんですが…何だかちょっとガッカリ。。。
水温が高くバテ気味なんでしょうか。。。

この感じでは、20mmは厳しいかなって思っていると、今度は奥に入れた竿にヒット!

竿を手にすると、軽いです。。。
??と思いながら、リールを巻きますが、どうもベイトを咥えて走っただけのようです。

これはやはり暑さで喰いこみが悪いかも…と思い
ボイリーのサイズを16mmに落とし、一回り小さいシモリウキでスノーマンにしました。

この一時間ほど後、
また奥の竿にヒットしますが、やはり咥えて走っただけのようでした。。。
ガッカリ。。。

もう朝マズメというタイミングではなく、水温もどんどん上がってきているようです。
これではさすがに厳しいかって思い、お昼前には撤収しました。

本当なら、明るくなり始める頃に第一投を投入するぐらいがいいんでしょうね。

もっと早起きしなくちゃいけないって事ですね…(笑)。
厳しいなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*