鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

ソウギョの謎

:2012/08/05  /

スポンサーリンク

先週金曜日には近所の川に鯉釣りに行き、
翌日の土曜日はちょっと遠出してT川にソウギョを狙いに行こうとなるべく身軽な装備で出掛けてきました。

とは言うものの…
リュックにはリール2台、椅子、玉枠、オモリ、マット、必需品の蚊取り線香(笑)、ライトなどなど細かい道具を全部詰めると結構な重さはあるのですが…(笑)。

思っているポイントは、一番近い駅からでもおよそ25分ぐらいかかります。。。
この炎天下、重いリュックを背負って歩くのも大変ですが…
気合いで乗り切ります(笑)。

思っていたポイントに到着して、色々周辺を見てみますが、どこの葦を見てもソウギョのハミ跡がありません。
かなりあちこち見ましたが、全く見当たらないのです。。。

これは厳しい…。
そうでなくても、もともとこの川にはそれほどソウギョの数が多いわけではありませんので、ポイントがズレてしまうと全く期待できなくなります。

そこで、今日は釣りよりもポイント探しに徹しようと…
肩に食い込むリュックに我慢しながら、本当にあちこち探し回りました(笑)。

そして、地元の方に話を聞いていたところ、もう少し上流で見たとのこと。
またもや重いリュックに辛抱しながら、フラフラと上流を見にいきます。。。

居ました!!
発見しました。
こんな所に居たのかって感じです。。。
沖をゆったりと泳いでいる姿が目視できました。

ですが…
この場所は、私が最初に見に行ったポイントからは徒歩で約40分離れた場所です。

最初の場所は、ソウギョの実績もあり、葦はかなり広範囲に生えている場所です。
葦が群生しているので、全ての場所をチェックできた訳ではないのですが、見える範囲はかなり細かくチェックしました。
しかしながら、見える範囲にはハミ跡は皆無。
しかも泳いでいる姿も見えません。。。

上流で見つけたソウギョが、最初の場所に居たソウギョだとは断言できませんが、確実に上流には居るということです。

ソウギョの釣り方は、ネットなどで調べると幾つものサイトがでてきますが、基本的に仕掛けやエサに関しての記述は、それぞれの方の創意工夫が見られて非常に楽しいのですが…
ソウギョの動き、移動などについての記述は見た記憶がありません。

もっと考えると…
ソウギョって、本当に葦だけを食べているのでしょうか?
葦もしくはイネ科の植物だけをメインに食べているのでしょうか?
勿論、ダンゴでも釣れたという話や、ボイリーで釣れたという話は聞いたことがあります。

しかしながら…
これらのエサは、ソウギョが本来主食としているもので無いのは明らかです。

では、どうして…
最初の葦が豊富なポイントにソウギョが居なかったのか?
ソウギョの付き場は移動するのだろうか?
移動するとしたら、どうしてか?
鯉クンと同じように、水温の少しでも快適な場所を求めるのか?
ソウギョはどんな時でも葦を主食にしているのか?
いくらでも分からないことが出てきます。。。

勿論、
この付き場を移動(移動していることが確実だとすれば)するのが、この川独自のものかもしれません。
他の河川や湖などでは、移動しないのかもしれません。
それは、それぞれのフィールドの環境によるでしょう。

ですが、この川では、ソウギョはほぼ間違いなく移動していると思います。
この移動している謎を解き明かすことができれば、今まで以上にソウギョをゲットし易くなると思っています。

ま…
解明できれば…の話ですが…(笑)。

あ、ちなみに…
この日は、竿は一度も出さず…
重いリュックを背負ったまま、およそ3時間近く歩き回っていました(笑)。

今日は足、腰が非常に痛いです(笑)。
お尻の筋肉まで痛いです(笑)。
それに、肩にはリュックの跡が真っ赤に…(笑)。

この苦労が実ればいいんですがねぇ~。。。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*