鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

初めての場所

:2013/05/17 

スポンサーリンク

GWは釣りに行く機会もほとんどなく、今になってやっと落ち着いてきたので、平日でしたが釣りに行ってきました。

相変わらず疲れているので遠出には気力が足らず、地元の相模川へ。
ですが、今回行くのは以前下見していた全く初めての場所なので、ちょっとワクワクしてます(笑)。

ここは相模川の淡水域なのですが、竿を出せるエリアの中央付近にはテトラが約7~8メートル程の奥行きで入っています。
そのテトラも角が四角く角ばっているタイプのものです。
また、テトラの上流側と下流側には木の乱杭があり、その外側にはコンクリートの杭が入っています。

このテトラの入り方では、テトラの向こう側にエサを打つことができません。
仮にヒットしても、横に走られたらなすすべがないからです。

ただ、テトラと杭の間にやや広めのスペースがあるので、エサを入れられる場所としては、ここしかありません。
このスペースはテトラ帯の上手側と下手側の両方にあります。
ってことは、この場所で鯉釣りするには、二人しか入れないってことですね(笑)。
もちろん、対岸に向かって遠投すればもっと多くの人が竿を出せるのでしょうが…
あまりにも不確実な釣りになってしまいます。

現場到着はちょうど12時と遅い出撃です(笑)。

到着してからまずはフィーディング。
テトラの際と、乱杭の際にそれぞれフィーディングしました。
今日の自作ボイリーはスコペックス&シナモンの16mm。
このシナモンの香りは真夏にも有効なので、これからの時期には効果的だと思っています。

予備知識は全く無く、自分の目で見た情報と今までの経験だけを頼りにする釣り。
いやぁ~、こういうのってワクワクしますね。
いつも人が釣りしていて、タイミングさえ合えば釣れるだろうって思う場所で竿を出すのと違って、釣り人の姿も全く見ない、釣れるかどうかも分からない。
だけど、自分自身で場所を探し、ここは良さそうだって思える場所での第一投…ドキドキものです(笑)。

さあ、釣れるかなぁって思いながら、二本の竿を投入しました。
投入場所はどちらも岸から5メートル付近。
下手は乱杭の際。
上手はテトラ際です。

おそらく、アタったと同時に対応しないと、カカリに巻かれて厄介なことになります。
とは言うものの、竿のそばに座っていると、鯉クンから丸見えですので、椅子を15mほど離して待機です。
アラームの音もなるべく小さくし、竿先も極力水面に出さないようにセットしてあります。

投入して5分後。
上手のテトラ際に入れた竿にヒット!
慌てて竿までダッシュして竿を持ちますが、すでにしっかりとカカリに巻かれ、びくともしません…。
これはラインブレイク…。

その10分後、同じ竿にまたアタリがありましたが、やはりラインブレイク…。
こりゃ厳しいポイントです…。

今までは、テトラ帯が切れるすぐ下手側のやや内側に入れていたのですが、さすがに何度もやられると、ちょっとキツイかもって思い、今度はテトラの最前列と同じラインに入れました。
要するに、少しだけ前に出したって感じです。

その15分後、また同じ竿にヒット!!
ラインをゴリゴリいわせながら、やっと取り込んだのは70台(笑)。

ですが、やはり鯉クンはこの周辺に多数居付いているようです。

その後、下手の竿にもヒット!!
これは乱杭の間を縫って走っていきます。。。

ですが、必死にやりとりして何とかゲット。
これも70台半ば。

と、こんな感じで夕方4時半までの間に8回アタリがあり、4本ゲットしました。
つまり、4回ラインブレイクしたってことです(笑)。
上がった鯉クンは全部70台でしたので、写真は撮りませんでしたが、すごく楽しかったです!

ヒットする度に必ず何かのカカリに引っ掛けながら走る鯉クンを、あの手この手で引っ張り出しました。
やられたのもありますが(爆)
疲れましたが、常に頭はフル回転してました。

鯉クンがどの位置からポイントに入ってきて、どう走るだろうかって考え、そのためには、竿をどの位置からどう出せばそのルートをラインが邪魔しないか、カカリに巻かれないようにするにはどう対処すれば良いかって、ずっと考えながら釣りしてました。

投入ポイントはほんの少し動かした程度でしたが、途中3度も竿を置く位置を変えました。
最初はポイントの上手から下手に向けてセットしていましたが、次は下手から二本とも逆打ち。
次は二つのポイントの中間から一本は逆打ちと、鯉クンの入ってくるのをラインが邪魔しないで、なおかつ、カカリに巻かれにくい向きを考えました。
それに合わせて、待機する位置も変えました。

サイズは全部70台と全くたいしたことは無かったのですが、
鯉クンが多数付いている場所を、自分の足と目で見つけられたこと、
周囲がカカリに囲まれているような狭い場所でも何本かは取り込むことができたこと、
釣りをしている間中、ずっと鯉クンの動きだけ考えながら釣りに没頭できたこと。

最高に楽しかったです。

今回竿を出していたのは昼間の正味4時間だけでしたが、マズメ時に狙うともう少し大きいサイズも上がるかなって
思います。

ポイントの過去の実績や、有名なポイントかどうかなんて関係ありません。
私が今回入ったポイントも、実は知られたポイントなのかも知れません。

ですが、自分の目と足だけを頼りにポイントを探し、そこで自分なりに精一杯色んなことを考え、何とか釣り上げられたのは本当にうれしいです。

これでビッグサイズが上がっていれば文句は無いんですが(笑)。

皆さんも、ご自分の足で探したポイントを攻めてみられてはいかがでしょう?

探し当てたその場所が、実は普段人が結構攻めている場所だったとしても良いと思います。
自分なりにその場所を選んだ理由があるはずですし、その理由が、攻め方まで指し示してくれるはずだと思います。

それに、人からの「ここが釣れるよ」って情報で竿を出すと、釣れて当たり前になりますが…
自分自身で探し出したポイントなら、私のように一投目からワクワクしっぱなしです(笑)。

こんなワクワク、いかがでしょう?

今回の場所は、改めてマズメ時を狙って行ってみるつもりです。
次はサイズUP狙いですね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*