鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

二度の鯉釣りで知ったガッカリとワクワク

:2015/10/20 

スポンサーリンク

ずいぶん涼しくなってきましたね。

ちょっと遅くなりましたが、連休前の平日に相模川に行ったのと、この日曜日(18日)に鶴見川に釣りに行った時のことを書こうと思います。

この二度の釣りではガッカリしたこととワクワクしたことがありました。

まずはガッカリしたことから…。

連休中はどこに行くにも面倒なので近場がいいかって考えて相模川へ。
でものんびりして出かけたので、釣り場着は12時頃でした。

ちょうどバスマンが釣りをしていて、場所が空いたら釣りをさせてもらっていいか尋ねると快諾してくれたので、準備を始めました。

話してみると、鯉釣りもするそうです。
しかもボイリーを使った釣りをするとのことで、ビックリ。

その彼が「釣れるところ、見たいなぁ」って言ってたのですが、そんなにうまくいくもんじゃありません(笑)。
彼も釣れるところが見たいのか、わざとのんびり話してくれている様子。

そんな時、やっとアタリが!
でも底のカカリにフックリンクが擦れてしまってラインブレイクしちゃいました。
残念…。

彼と色々話した中で、鯉釣りをしているある特定の人達の話を聞きました。
釣り方や狙い方などについて彼なりに感じたことを話していましたが、
ショックだったのは…
その人達は、釣り場でゴミを平気で捨てていくって言われたことでした。

エサの袋や、食事のゴミ、タバコの吸い殻など、辺り構わず捨てていくって言われちゃいました。
釣り方や狙い方、ポイント攻略法などはどんな方法であっても、周囲に迷惑が掛からなければ自由です。

ですが、ゴミを釣り場に捨るのは明らかにおかしいし、間違っています。
自分の好きな釣り場がどんどん汚くなっていくのに耐えられるのでしょうか…。
そんな人は鯉釣りをする資格はありませんし、仮に、釣りがすごく上手くても、残念な人です。

それに…そんなことをするぐらいだから、釣りそのものもたいしたことはないのでしょうね。。。
そんな話をして彼は「鯉が見たかったなぁ」って言いながら帰っていきました。。。

彼が釣り場から去って2~3分ぐらいでしょうか。
アタリがありこれが上がりました。

尾ひれが切れていましたが、すごく良いファイトをしてくれた80ちょうど位です。

惜しいなぁ…見せてあげたかった。。。
あともう2~3分待ってくれたら釣れてたのに。。。
彼、このブログを見てないかなぁ。。。

で、この前の日曜日(18日)に鶴見川に行ってきました。

こちらはワクワクした話です。

あ…すごく釣れたって話じゃないですよ(笑)。
今後の展開にワクワクしたって話です(笑)。

金曜、土曜と雨が降っていて、久しぶりに晴れの予報でしたから行ってきたのですが、ちょっと暑かった…。
最初ドロ底のポイントに入ったのですが、鯉クンの姿は全く見えず、しばらくやっても入ってきません。

そこで、あちこち様子を見に行くと…すごくいっぱい群れてるじゃないですか!
多分30~40匹ぐらいいたでしょうか。
90台はいないようですが、色鯉の姿も見えます。

慌てて場所移動します。
群れがいる場所の少し上手に入りました。

場所移動して5分後に60台後半ぐらいの出来物ができた鯉クンが釣れました。
出来物のせいでファイトもあまりしてくれません。
その時点で、あれ???
この鯉クンはきっとハグレ君…群れの鯉クンではないって思いました。

案の定、その後アタリがありません。
しかも、エサの上を鯉クンがスルーしていきます。

おかしいと思って、再度群れの様子を見に行くと、群れは未だそこに留まったままです。
じっくり観察すると、どうもエサを食べている感じではありません。
ただ群れて、ジャレている感じです。
しかも時折汽水域のボラが足元でヒラを打つのと同じように身体を横にしている鯉クンまでいます。

実はこの鯉クン達が群れている場所はガレ場で、周囲がドロ底エリアの中で、比較的広い範囲にガレ場が広がっているところです。
おそらくこの周辺の中では一番快適な場所なのかもしれません。

そしてもう一つ、水温の高い鶴見川ではまだまだエビが元気です。
これは想像ですが、夜になって這い出てくるエビを鯉は捕食しているのかもしれません。
そして、そのままそこに居着いてしまった。。。
まあ、あくまでも想像ですが。。。

もしエビを狙っているのだとすると、それに合わせた釣りをすれば良い結果が出せるかもです。
今年はエビが豊富なのかどうか、確かめる必要がありますが…。
これを見てしまうと、暑いうえに、これ以上ネバってもしょうがないかって思ってしまい、お昼前に撤収してきちゃいました。

今回の鶴見川釣行では、今後の攻め方に色々参考になる情報が得られました。
それに、鶴見川の大型はまだ昼間浅場に入ってきていないことも分かりました。

こうやって釣り場で得た情報をもとに、今後の釣りに活かしていくのは楽しいです。
自分なりの戦略を立てられるからです。

そして、戦略に沿った戦術、つまり釣り方を考え、それがツボにはまると、もう楽しくてやめられません(笑)。
色々と考えさせられた2度の釣行でした…。

コメント

4 Comments
  • 蟻子

    2015年10月21日 at 2:21 PM

    正論のように書かれていらっしゃいますが、特定の釣り人の行動とわかっているのならば、直接注意するなどの何かしらの行動をご自分で起こしたのでしょうか?
    釣り人からの又聞きの話で釣りをする資格は無いとまで書かれるのならば、なおのことです。

    返信

  • Carp Paradise mm

    2015年10月21日 at 2:45 PM

    蟻子様
    特定の人達とは、ある特定の釣り方で鯉を釣る人のことを指しています。
    特定とは何処の誰で、いつも何処で釣りをしている人かを指しているわけではありませんし、そこまでの情報を聞いているわけではありません。
    実際にはどういう釣り方をしている人かまで聞いていますが、その釣り方をしている全ての人がゴミを捨てているわけではないでしょうし、多くの人が見るブログでそのことを書くと誤解されると思ったので書かなかっただけです。
    その話を聞いた私が、同じ鯉釣りを愛する者として鯉釣りをする資格がないと表現するのはおかしなことでしょうか?
    釣りをするすべての人々が自然を、釣り場を汚すべきではないと主張するのはおかしなことでしょうか?
    又聞きであろうがなかろうが、関係ありません。
    もちろん、私が目にしたら誰であろうが間違いなく注意します。
    年上の人でも同じことです。

    返信

  • 虎夫

    2015年11月6日 at 4:52 PM

    鯉釣りが好きで津久井湖、小倉橋や、高田橋辺りでしています。
    蟻子さんの意味もない攻撃はなんなのでしょうか?怒ってる意味が、わからない‥。ただゴミはポイ捨ては駄目ですよねーって言ってるだけなのに。こう言う書き込み本当にむかつく。ストレスぶつけるのよそでやれよって思います。気にせず鯉釣り楽しみましょう!

    返信

  • Carp Paradise mm

    2015年11月6日 at 11:00 PM

    虎夫さん
    暖かいメッセージ、ありがとうございます。
    あのメッセージを表示させたのは、私自身は決して間違っていないと思っているし、後ろめたいことは何も無いからです。
    そして、それをはっきり主張しないと、今まで私が書いてきたことが全ていい加減なものに感じられてしまうのではないかと危惧したため、不愉快な気分にさせてしまうかもしれませんが、あえて堂々と表示し、思っていることを主張させていただきました。
    そして今日、ありがたいメッセージをいただきながらも、大変失礼だとは思いましたが、今回は表示いたしませんでした。
    本当に申し訳ありません。
    私のブログは、未熟な私ではありながらも鯉釣りファンが少しでも増えることを願って、感じたことを書き綴っています。
    それを読まれた方の書き込みが楽しい内容であれば大歓迎なのですが、一度否定的な内容になっていくと、際限なく広がってしまうかもしれません。
    そうなると、楽しんでいただくどころか、誰もが読むことを憂鬱に感じてしまいます。
    それだけは何としても避けたいと思いました。
    虎夫さんの応援のお言葉はたいへんうれしく、ありがたかったです。
    ですが、今回のメッセージを表示しないのはそのような思いがあることを何卒ご理解くだいますでしょうか。
    何卒よろしくお願い致します。
    今まで私は津久井湖や小倉橋、高田橋付近で竿を出したことは無かったのですが、これを機会に足を運ばせていただこうと思います。
    もし見かけられましたら、是非お声をお掛けください。
    今後ともよろしくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*