鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

フィッシングショーでNEW鯉釣り用品を見てきました

:2016/01/31 

スポンサーリンク

本当は30日(土)に行く予定だったフィッシングショーですが、
ちょっと仕事の予定が変更になり、今日31日(日)に行ってきました。

なんだか人がいっぱいで、毎年すごい熱気ですね。
特にルアー関係は…(笑)。

鯉釣りは寂しいもんでした。
DAIWAのブースにはボイリーを少しだけ展示していたのと、
楽しみだった振り出しカープロッドが二本だけ置かれていただけ。。。
なんだかなぁ…。

念願の振り出しカープロッドは手に取って見てみました。
周囲に人がいっぱいで、ロッドを横にして振ることができないので、上に向けたままブルブルと振った程度ですが、
その感じでは、明らかにカープロッドを意識した胴に乗る調子です。
先調子ではありません。

手にしたのは3ポンドのロッドでしたが、カーボン含有率の低さ、つまりハリの無さを感じました。
商品コンセプトはお手軽カープロッドで、カープフィッシングの裾野を広げるためのロッドかなって気がしました。
とは言っても、造りは丁寧でしたし、TOPガイドもwebsiteの写真にあったような黒いTOPガイド(sic)ではなく、ハードガイドがセットされていました。

そのため、6ガイドのうち、一番手元のガイドだけが遊動Kガイドという仕様です。
まあ、コンセプトから考えると価格帯を抑える意味でも、これが当然でしょう。

私が今使っているお手軽タックル、5本継のクレイジーカープと比較すると、
おそらくですが、急に手にガツンとくることは無いように思います。
そういう意味では使いやすいかもしれませんね。
お手軽さを求める人には良いかもしれません。

そしてもう一つ、失礼ながら予想外だったのがマルキューブースでした。
別に観るつもりはなくて前を通ったのですが(笑)、あれ、どこかで見た人がいる(笑)。
マルキューフィールドテスターの鳥飼さんでした。

良く見ると、今までのものとは違うボイリーを展示してるじゃないですか!
今年発売になるNEWボイリーだそうです。
フルーツフレーバーや動物質など数種類を展示していました。
スプレーなども少し遅れて発売になるそうです。

見ると、今までのマルキューボイリーとは全く別物です。
NEWボイリーは既に日本で発売されている既製品ボイリーと比較しても遜色ない気がします。
試しに、フルーツ系のスプレーを指先に吹き付け、舐めてみました。
お!
甘みと味、香りがしっかりあります。

スプレーはどこのメーカーのものでもアルコール類に溶かしているため、苦みがあります。
このスプレーもやはり苦みがありましたが、それほど強烈ではありません。
そして、フルーツ系のボイリーを実際に食べてみました。

フレーバーは確かオレンジ何とかってやつだったと思いますが、ちゃんとオレンジの味がします。
このボイリーは小売店に在庫して販売するそうですので、今までのように通販で、しかも店舗に受け取りに行く必要はないそうです。

これで鯉釣りファンのボイリー選択肢が増えましたね。
それにフックやスイベルなどの小物類も今後扱っていくそうですから、楽しみです。

とまあ、鯉釣り用品を展示していたのはこれくらいでした。
ルアー関係のコーナーはどこも人がいっぱいなのに…。
鯉釣りの人気の無さを感じて、ちょっと寂しい感じがしました。

ですが、色々なメーカーが鯉釣り用品を扱うようになれば、鯉釣りファンも増えていくのかなぁって思います。
せめてもう少し鯉釣りファンが増えてくれればいいのになぁ。。。

今日は仕事を短時間だけ抜けてフィッシングショーに行きましたが、未だ初釣りにも行くことができません。
ですが、もう少しすると仕事も落ち着きそうなので、その時は集中的に行こうと思います。

それまでは、今日もらってきたカタログを眺めて、夢の中で鯉釣りを楽しみます…。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*