鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

鯉の動きを変えてしまうバチ抜け

:2018/01/22 

スポンサーリンク

きのうの日曜日、鶴見川に釣りに行ってきました。

 

行った場所は釣行記としてUPできていませんが、10日程前に朝から午後イチまで釣行し、太っていないスリムな鯉が多く上がった場所です。

この時はお昼頃の満潮を狙って竿を出しました。

明るい時間帯に良く釣れたので、夜の満潮にタイミングを合わせればもっと大きいサイズが上がるだろうと考えたわけです。

 

ポイント到着は15時半。

ゆっくりと準備し、夜の満潮付近を狙いました。

結果から言うと、アタリは二度のみで、そのうち一本はフックアウト、もう一本はやや大きそうでしたが、ストラクチャーに巻かれて取り込めませんでした。

つまり一本も上げられなかったということです。

投入ポイントは下手の竿をヘチへ、上手の竿はやや奥の浅場で、早い流れのすぐそばに入れました。

 

この投入場所は前回の釣行で入れたのと全く同じです。

前回は上手の竿にアタったのが5回、下手のヘチに入れた竿には2回アタっただけでした。

圧倒的に上手の早い流れの側が良かったのです。

 

それが今日は上手の竿付近ではモジるものの全くアタりません。

しかもヘチで2度あったアタリのうち、一本はほとんどファイトしない鯉でした。

これは明らかに何か状況が変わっています。

だいたいファイトしない鯉が釣れる場所は、あまり良い状況ではなかったり、もしくは活性が高い鯉が少ない、健康な鯉が少ない場所だと私は思っています。

 

何故だろうと色々考えながら水面を覗き込みますが、取り立てて変化はありません。

明るい間に行動する鯉と、暗くなってから行動する鯉は違うのか、もしくはこの場所は明るい間しかアタらないのかなど、考えを巡らせていました。

 

そんな時、水面をライトで照らして覗き込みながら歩いている人が近付いてきました。

夜の満潮時にはシーバス狙いの人が多くいますので、この人もシーバス狙いなのかなぁって思っていましたが、タックルを持っていません。

私の前を通り過ぎ、また戻る時にも前を横切っていきます。

暗いし、防寒着やニット帽、マスクまでされていたのでよくわからなかったのですが、どうも女性のようです。

その女性は一度堤防を上がり、再び降りてきた時には手にタックルを携えていました。

やっぱりシーバス狙いのようです。

今まで鶴見川でシーバス狙いの人はたくさんいましたが、全部男性でした。

夜に女性が一人で釣りに来ているのは初めて見ました。

余程釣りが好きなんでしょうね。

 

その人が私の前を横切る時に挨拶し、話を聞くと、バチ抜けが起きているって情報を聞いたので釣りに来たとのこと。

私の釣り座から70~80mほど下手でゴカイが少し抜けているそうです。

 

なるほど、それで分かりました。

鯉の興味がゴカイに向いているわけです。

ファイトしない鯉が釣れたり、絶好のポイントであるにもかかわらず、モジるだけで喰ってこないのも納得です。

早い流れがすぐそばを流れるポイントでは、上流で少しだけ抜けたゴカイがポツポツ流れてきているんでしょう。

だからこそ、撒き餌のボイリーに寄ってはくるものの、流れの中にいるゴカイへの興味の方が勝っているため、モジるけれども喰ってこないってことだろうと思います。

流れのゆるいヘチでしかアタらず、しかもファイトしない鯉がアタってきたのは、ヘチにまでゴカイが流れてきていないためにゴカイへの関心が薄いのかもしれません。

またヘチは流れが緩いため、早い流れに対応できなかったり、早い流れに近づきたくない鯉が多くいた可能性があります。

つまり、早い流れに近いエリアにいる鯉と、ヘチ付近のゆるい流れのエリアにいる鯉とは明らかに異なるのではないかということが言えます。

もちろんこれももっと流れが早くなると、ヘチの流れもおのずと早くなるため、両者の違いはなくなるのかもしれませんが…。

 

鶴見川のバチ抜けは、今日はまだ少量だったようですが、今後大量に抜けるでしょう。

そうなると、鯉の気配がポイントから全くなくなってしまいます。

数年前の冬、真冬には絶好のポイントであったにもかかわらず、一度もアタリがもらえない日がありました。

ガッカリしながらタックルを片付けていると、川面一面にゴカイが流れてきました。

ものすごい量でした。

こういうタイミングで鯉を狙うのは非常に厳しくなります。

鯉の意識が流れるゴカイに向いてしまっているからです。

 

まあ、今日はアタリをもらえただけ良かったってことなんでしょう。

バチ抜けが少し落ち着くとまた状況も変わってくるでしょうが、しばらくの間は厳しそうです。

 

 

それにしても、一人で夜釣りする女性アングラーがいることにちょっと感激しました。

鯉釣りしかやらない私が知らないだけなのかもしれませんが、他の釣りでは多いんでしょうか。

鯉釣りに関して言えば、私は今まで一人で夜釣りどころか、一人で鯉釣りをしている女性にお会いしたことがありません。

 

鯉釣りって、他の釣りに比べて荷物はメチャクチャ多いし、エサを入れてただ待ってるだけのように思われていますから、あまりカッコ良く見えないんでしょうね。

本当はすごく色んなことを考えながら場所を決め、ポイントを選び、エサを入れているんですが、鯉釣りをしない人にはきっとこんなこと伝わっていないですよね…。

すごくディープで面白い釣りなんですけどね…。

 

鯉釣りをする女性が増えれば、鯉釣りももっと人気が出ると思うんですが…。

無理なのかなぁ。

 

コメント

2 Comments
  • おふ

    2018年2月23日 at 12:30 AM

    鯉はバチルアーで簡単に釣れますよ
    釣れる釣り方を探すのも釣りの楽しみのひとつであると思います

    返信

    • carpparadise_mm

      2018年2月23日 at 7:23 AM

      おふさん
      コメント、ありがとうございます。
      もちろん釣れる釣り方を模索するのも楽しみ方の一つですから、バチ抜け時期にバチルアーで攻略するのも手としてはあります。

      ただ私自身は自分から動いていくのではなく、その日の状況から鯉の行動を考えるとともに、エサを取りに入ってくるであろう場所を考えること。
      そしてそこにエサを置いておき、釣れるか釣れないかで自分の考えが正しかったかどうかを確かめることに楽しみを見いだしています。
      これも釣りの楽しみ方の一つではないでしょうか。

      釣りにはいろんな楽しみ方がありますから、釣り人それぞれに楽しみ方があって良いはずです。
      お互いにこれからも釣りを楽しみましょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*