鯉釣りをもっと自由に楽しみたいブログ

MY自作ボイリー

:2011/03/27 

スポンサーリンク

今まで色々な自作ボイリーを作ってきましたが、現時点で私自身がこれなら自信を持ってアタリを待てるものだけをリストアップしてみました。

もちろん、ここに書いたもの以外にも色々なものを作ってきました。
過去には突拍子のないものもありました(笑)。

また、もう少し改良すれば効果的なものになるだろうと思えるものもありました。
ですが、今のところここに書いたものだけで色々なフィールドで充分対応できるだろうと思っていますので、改良に着手するまでには至っていません。

それと、ここに書いているものも今以上にレベルアップしていけるはずです。
単純にベースミックスの内容を変えるということだけでなく、色々なオイルを加えてみたり、フレーバーを添加してみたりするともっと効果的になるかもしれません。

つまり、ここに書いたのは今現在の進化途中を書き留めてみたってことになります。
これがボイリーを自作される方の参考になればと思います。

ちなみに…
ベースミックスは、基本的に似たようなものを使っています。
但し、狙いによって配合比率を変えてありますし、違うものを加える場合ももちろんあります。

それぞれの細かな内容まではあえて記載しませんが、自作であってもこれだけ色々な種類が作れるんだってことを理解していただければと思います。

動物質系ボイリー

  • ①フィッシュ&醤油

    「自作例の紹介」で書いたものです。
    魚粉の生臭さと醤油の匂いが特徴的で、乾燥させるのに家族のクレームが怖いです(笑)。
    乾燥させてから、「鯉にこれだ」に醤油を混ぜたものを振りかけ、再度乾燥させると一層強烈な匂いを発します。

  • ②フィッシュ&レバー

    メインとなるたんぱく質に魚粉とレバー粉末を使っています。
    また、その香りを増強させるために、フィッシュオイルとレバーペーストを混ぜています。
    香りの強さだけでなく、脂肪分の多さが特徴的です。
    真夏に良く使っています。

  • ③レバー&ブラックペッパー

    たんぱく質としてはレバー粉末がメインですが、香りの強さと栄養面で魚粉も若干加えています。
    香りつけはブラックペッパーをベースミックスに混ぜると同時に、エッセンシャルオイルも加えています。

  • ④フィッシュ&シュリンプ

    たんぱく質としては魚粉とエビ粉を使っています。
    フィッシュオイルと「鯉にこれだ」などの香りつけをしています。
    エビ粉は多く入れすぎると比重の軽いものが出来てしまうので要注意です。

  • ⑤スパイシーフィッシュ

    たんぱく質は、魚粉をメインにして、エビ粉、レバー粉末も若干加えています。
    ベースミックスに辛味のあるもの、例えばチリを加える場合もありますが、他に一味唐辛子、カレー粉などで味付けをする場合もあります。
    どちらかと言うと、香りの強さよりも、味が水中に拡散していくことを狙っています。

  • ⑥スパイシーシュリンプ

    ⑤のスパイシーフィッシュのベースのエビ粉比率を高めたもので、魚粉、レバー粉末は補助的に入れています。
    味付けは⑤と同様です。

  • ⑥フィッシュ&スクイッド

    ベースのメインに魚粉とイカ粉を使っています。
    フィッシュオイルとイカ油を混ぜて香りつけをしています。
    作る際の強烈な匂いに注意です。。。

  • ⑦スクイッド&レバー

    ベースにイカ粉とレバー粉末を使っていますが、補助的に魚粉も混ぜています。
    ベースのメインがどちらも臭いものですので、乾燥させる時にはかなり強烈に匂います。。。
    イカ油とレバーペーストを香り付けに使います。

スウィーツ系ボイリー

  • ⑧スコペックス

    動物性ボイリーのベースミックスと比べると、ミルクパウダーの比率が高く、追加成分としてミルククリーム、バードフード、三温糖を加えています。スコペックスフレーバーで香りを付けています。

  • ⑨トゥティフルーティ

    上記のスコペックスと同じベースミックスを使っており、トゥティフルーティーのフレーバーで香りを付けています。

  • ⑩ストロベリー

    スコペックスと同じベースミックスです。ストロベリーフレーバー単体で香り付けする時もありますし、ストロベリーペーストを混ぜる時もあります。

  • ⑪キャラメル

    通常のベースミックスに三温糖をやや多めに加え、コーンシロップを混ぜています。
    但し、三温糖を入れ過ぎるとボイルした時にイビツになりますので注意してください。 
    香り付けはキャラメルフレーバーを使っています。
    私のボイリーの中でも一番甘い香りがします。

  • ⑫スコペックス&シナモン

    ⑧のスコペックスのベースミックスにシナモンパウダーを加え、スコペックスフレーバーで香りを付けています。
    水中に長く投入していても、シナモンの香りが無くなることはありません。
    スコペックスの甘い香りとシナモンの独特の香りがマッチして、絶妙だと思っています(笑)。

  • ⑬スコペックス&糖蜜

    ⑧のスコペックスに糖蜜を付加して香り付けしています。
    香りとしては上記のスコペックス&シナモンに少し似ていますが、糖蜜を入れるので色が黒くなります。

  • ⑭スコペックス&ゼラニウム

    ⑧のスコペックスにエッセンシャルオイルの「ゼラニウム」を数滴入れています。
    スコペックスのムッとするような甘い香りとバラの香りがマッチしています。

  • ⑮スコペックス&ベルガモット

    ベースミックスは⑧と同じですが、甘い香りと柑橘系のエッセンシャルオイル「ベルガモット」の香りをドッキングさせて甘酸っぱいような香りにしています。

  • ⑯トゥティフルーティ&ゼラニウム

    ⑨のトゥティフルーテにエッセンシャルオイル「ゼラニウム」を数滴加えて香り付けしています。
    バラの香りと完熟フルーツの香りがマッチしています。

  • ⑰ストロベリー&ベルガモット

    ⑩のストロベリーにベルガモットのエッセンシャルオイルを数滴加えて香りつけしています。
    スコペックスのムッとする甘い香りと違い、ストロベリーの食べたくなるような甘い香りにやや酸味を加えた感じと言えばイメージしていただけるでしょうか。 

  • ⑱ストロベリー&シナモン

    ⑩のベースミックスにシナモンパウダーを加えて、ストロベリーフレーバーで香りつけしています。
    イチゴの甘い香りにシナモンの独特の香りが持続して、まるでお菓子のようなイメージです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*